Kuniメモ


「放課後ミッドナイターズ」試写会

ありがたいことに、竹清仁監督作の「放課後ミッドナイターズ」の試写に呼んで頂いたので、いそいそと行って来ました。

場所は、昨年新しくなったJR博多駅ビル内の博多シティ、T・ジョイの試写室です。


この作品は、産声を上げ始めた頃にお手伝いをさせて頂いてから、ちょこちょことお付き合いを続けさせて頂いたので、一本の長編アニメーションになって映画館で見ていて、しみじみと嬉しくなりました。例えるなら、オムツの頃から知っているご近所さんのノーベル賞受を報告されるような気持ちでしょうか?

名前もクレジットさせて頂いてほんとにありがとうございます。ポップでブラックでユニークで素敵な作品に参加させて頂けたことに感謝します。



本公開は8月25日、アジア一斉公開です。

放課後ミッドナイターズ


ネガサイズの写真達

古い写真

大学生の時、印画紙にネガを直置きして焼いた写真が出てきました。ネガサイズの小さな写真は思い出がきゅっと小さく詰まったみたいで味があります。


京都 観◯光(かんひかり)ART EXPO2011

二条城

清水・泉涌寺・二条城という世界遺産を会場にアート作品を展示する「観◯光 ART EXPO2011」の二条城会場に行って来ました。

二条城の会場は普段公開されていない二の丸御殿台所です。三和土(土間)のようなところで靴を脱いで建物の中に上がって作品を鑑賞します。貴重な体験ができます。



上がってすぐ、柱の側に展示してあったドラム缶を使った作品。

ペンキの水色と錆びの質感の組み合わせは個人的に大好きです。柱にそっと寄り添うように展示されているところに哀愁が漂った存在感があります。ライティングや展示場所を含めた組み合わせが、なつかしい大切な場所を見ているような気持ちにさせてくれる作品でした。




こちらは般若面のような顔がピラミッド状に積み上げられた作品。Theモダン京都という印象です。

しりあがり寿

一番奥の部屋は、しりあがり寿氏のインスタレーションです。

しりあがり寿

脚がセクシーです。

画面の映像は微妙にモゾモゾと動きます。動いている様子を見ていると自然と口元が緩んでしまいます。

全体像は映像でどうぞ、




二条城は大政奉還など有名な史実が起こった場所ですが、痛みが進んでいて、保護のためなのか写真撮影は禁止です。ですので、展示会場は大丈夫なのか?と思い撮影の許可をスタッフらしき方に伺ったのですが、実は声をかけた方が、しりあがり寿先生ご本人だったです。
お話ししている時は全く分からず、少したってから、「どこかで知っている顔のような」と思い出し、自分の失態に気が付きました。その後も、せっかくの機会でしたが恥ずかしくて声を掛けることができませんでした。

後から知ったのですが、この展示会はアーティスト自らが実行委員となって活動をしているそうです。



こちらは知り合いの作品です。



綿花の動きに光が連動します。うちわが用意されているので、作品の前に座って楽しむことをお勧めします。

うちわで扇ぐと、下の照明で浮かび上がった綿花がゆらゆらと揺れ、また、その揺らめきに照明が反応して点滅します。反応が相関しているので、エンドレスで楽しめそうな作品です。





清水、泉涌寺の会場も見る予定だったのですが、急遽、思い付きで「伊根」に向かったので、残念ながら他の展示会場は見ることができませんでした。


「観◯光 (かんひかり)ART EXPO 2011」

2011年10月15日(土)〜10月24日(月)
二条城 二の丸御殿台所(入城料 600円)
清水寺 経堂(無料)
泉涌寺(参拝料一般 500円、特別拝観料 300円)



テオ・ヤンセン展 風を食べるビーチアニマル


入り口を入ると扇風機の風が迎えてくれます。風はビーチアニマルの好物です。


そして、壁にはTheo Jansen氏の公式や言葉が書いてあります。

会場の演出はランドスケープデザイナーの団塚栄喜氏が手がけています。
壁や柱の隅々まで細かに演出されているので見逃さないように。


最初の部屋は「浜辺」。最初から動かない、または動かなくなったビーチアニマルを「化石」として展示しています。下に敷かれた砂はオランダから取り寄せたもので、粒子が細かくて気持ちがいいので裸足で歩くことをおすすめします。


正面の壁に書かれているのはビーチアニマルの足の構造です。
「三角は変形しない、四角は変形する」このあたり前を組み合わせた構造が筋肉になるのです。


歴史の通路。


ビーチアニマルの年表。


壁一面にペットボトルがある通路。ビーチアニマルを作り出すための試行錯誤がわかる展示コーナになっています。



窓から緑が見える「森」の部屋と圧巻の最新作「アニマリス・シアメシス」。


デモンストレーションにはTheo Jansen氏が登場。通訳を交えて構造を説明してくれます。デモの後は数人ですがQ&Aコーナーもありました。大人も子供も我先に手を上げて質問してました。


デモンストレーションの途中でアニマリス背骨骨折。訓練を受けたスタッフによって治療が行われます。


几帳面に揃えられたオペの道具。 これもひとつのアートのようです。

Jansen氏は真面目でサービス精神が高く、デモの度に説明に足を運んでユーモアを加えながらも真剣にQ&Aに答えてくれました。

図録にサインを頂いた時は、宛名をそれぞれの名前ごとに違うデザインで書いてくれ、チャーミングな笑顔で握手と一言を交わしてくれました。翌日には日本を発ってしまわれたのですが、笑顔がホントに素敵ですので、会えれば皆さんファンになると思います。


ローマ字にすると長くてカッコ悪い私の名前を少し悩みながらデザインしてくれました。
(私の前に並んだSatoさんはすごくかっこいいデザインでちょっと名前が羨ましかったです。)




純米酒 A to Z

A to Z

近場のスーパーで奈良美智デザインのカップ酒を売っていました。東北応援の為に一つ購入。
これ、2006年頃の限定販売だったと記憶していますが、定番商品になったのでしょうか?

「どこかの公園で、桜を見ながらカップ酒」なーんて、渋いことしてみようかな?


星めぐりの夜



宮沢賢治の世界をモチーフにしたスノードーム風のiPhoneアプリです。

シンプルにつくられたCG空間が、宮沢賢治の凛とした空気をよく表しています。
リンドウや星に触れると、宮沢賢治の作品の一部を読むことが出来ます。
青空文庫へのリンクをタップすれば、無料で全文を読むことが可能です。

仙台に拠点があるWOW大内裕史氏の作品です。
仙台といえば今回の地震の被害が心配されます。


トイレに籠(こも)る

トイレ

トイレにパソコンというシュールな空間で、ある作品の手伝いをしました。
改装中ですから清潔ですので、その辺はご心配なく。

完成形は下記のようになっています。さて何処でしょう?


正解はキャ◯ルシティの1F女子トイレです。となりの男子トイレにも作品はあります。
ご用の後はゆっくり手を洗いましょう。


SAMSUNG 3D Outdoor-Projection


日本ではTPP加入への賛否が騒がれていますが、一足先に関税撤廃を武器に海外へ進出した韓国の家電メーカーのサムスンは、オランダで面白いイベント広告を行っています。このようなアート的なプロジェクトを行える企業パワーを見せられると、日本産業界も頑張ってくださいと活を入れたくなります。
 
 

同じくサムスンのTVCMです。ディスプレイの向こうに日常の続きのように非日常の世界が広がっていくとてもステキなCMです。 年末に同じような内容でディスプレイ用の滝の映像依頼があったのですが、スケジュールが合わず断ってしまいました。このCMを見ていると、かなり残念なことをしたと思ってしまいます。


「AR山」と「髪コレ」

 知り合いの方が制作に携わっているiphoneアプリを2つ紹介します。

AR山「AR山」 ¥230

GPS機能とコンパス機能を使って目の前の山の名前を表示してくれるアプリです。衛星GPSを使用するので山深い場所でも使えるそうです。山に行って使うのも楽しそうですが、部屋の中からぐるりと360°見渡しながら「この壁の向こうは〇〇山だな」と思いを馳せるのも楽しいです。

髪コレ「髪コレ」 無料

モデルの髪型に自分の顔を合成して変身するアプリです。撮影時に顔のアタリを示すラインが出てくるので、そのラインに顔を合わせるように撮影すれば、ぴったりと合成されます。なるべく明るい場所で撮れば顔の色と首の色もマッチして綺麗に変身です。Mandomから発売されているので、Mandomの商品を使ったふわゆる系の髪型が多いですが今後ストレートや男性編なども出して欲しいです。



キャナルシティ クリスマスファンタジア



キャナルシティでは近年恒例になっている、電飾を使わない切り絵のシャンデリアなど「森」をテーマにしたイルミネーションが行われています。その一角にある上の写真の作品を少しお手伝いしました。

イベントは26日の21:00まで行われています。



| 1/3PAGES | >>