Kuniメモ


シェムリアップの旅 2(コーケー遺跡群)


初日に選んだ遺跡は、中心地から100km以上遠く離れたコーケー遺跡群とその途中にあるベンメリアです。距離があるのでスピードが出るバイタク(バイクにノーヘルで二人乗り)を使って、75$で行っていただける事になりました。

先に遠いコーケーへ向かいます。

ドライバーさんは「気になるところがあったら止まるから言って」っと気にかけてくれて、道路から見える建物や人々の習慣などを常に説明してくれました。

カンボジア 学校

途中で見つけた学校に寄りました。

最初は遠慮して、外から覗いていたら、「こういう機会は子供たちにとって貴重だから是非中に入ってくれ」と校長らしき人にグイグイ連れていかれました。たしかに道中で観光客は私一人で、あまり外国人が立ち入らない地域のようです。

何故か黒板の前に立たされて記念写真。

ここは貧しい子どもを集めた学校で、寄付で成り立っているそうです。

コーケー

約3時間半かかってやっとコーケー遺跡群の一つ「プラサート・プラム」に到着です。

コーケー

自然と遺跡の融合に圧倒されます。

コーケー

シェムリアップの遺跡は自由に触れます。入れます。

プラサート・ネアン・クマウ

プラサート・ネアン(女性)・クアム(黒) =黒の貴婦人

プラサート・チャン

殆ど壊れてしまった「プラサート・チャン」。チャンは中国という意味です。

コーケー遺跡群は90以上の遺跡が確認されているそうです。(但しほとんどが地雷の中です)その中にある最も大きな遺跡が「プラサット・トム」です。

Prasat Thom

奥に長い遺跡をどんどん進んでいくと、

プラサット・トム

ピラミッド式の巨大寺院「プラサット・プラン」が見えてきます。

プラサット・トム

巨大さが伝わるでしょうか?

以前ははしごをつたって頂上まで登れたのですが、封鎖されていました。
この遺跡の裏には象の神様が祀られています。ドライバーさんに、お祈りの仕方を教えてもらって、現地式のお祈りを体験しました。



この遺跡の入口には土産物屋と食堂があり、ここで豚肉と野菜の炒め物とご飯のセット3$とココナッツジュース1$を頂きました。リーズナブルです。ただお土産屋さんは、too expensive だから買っちゃだめだそうです。

午後は来た道を戻って、ベンメリアを目指します。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック