Kuniメモ


シェムリアップの旅 8(タ・プローム→アプサラダンス)

「タ・プローム」

タ・プローム

シェムリアップ三日目の午後はカジュマルが食い込んでいる「タ・プローム」から。
カジュマルは遺跡を破壊しているし、支えてる。その姿も遺跡の魅力なので、現在でも修復の方針が議論中の遺跡です。

タ・プローム

入ってすぐ、有名な撮影スポットがあります。

タ・プローム

きれいな四角を描く根。

タ・プローム

筋肉のよう。

タ・プローム

編み目のような根。

タ・プローム

上から溶けてきたよう。

タ・プローム

柱になってしまった根。

タ・プローム

苔むした遺跡。以前はジャングルと一体化していたのでしょう。



「バンテアイ・クデイ」

bannteai/kudei

バンテアイ・クデイ

浅浮彫りが施された柱。



「クラヴァン(カルダモン)」

クラヴァン

珍しいレンガ造り。不明部分の上部は未修復のまま。

クラヴァン

中央祠堂の内側には大きな彫像が各面に施されています。

本日回った遺跡は、一般に「アンコール遺跡群・小回りコース」と言われています。


宿に戻って休憩後、歩いてプサ・ルー(市場)へ

プサルー

市場の中央は宝飾品売り場。

プサルー

外が生鮮食品売り場。夕日に映える肉。

プサルー

めずらしい果物。「コレはなに?」と聞くと味見をさせてくれます。
一番手前はリュウガン。1kgで1$。

プサルー

サトウキビの仲間、シュガーケーン。ジュースがめちゃめちゃ美味しいです。3000リエル=0.75$でした。
注文するときは必ず「No Ice」と言いましょう。(氷は生水から作らている可能性があるので、日本人は食べないほうがいいです。)


夜はアプサラダンスを観に行きました。

アプサラ・ダンス

ビュッフェスタイルの料理が付いて(飲み物は別で)12$です。

アプサラダンス

1時間半の間に四つの演目があります。それぞれストーリがあって、引き込まれます。

ドライバーさんに進められたときは、正直ディナーショーを馬鹿にしていた気持ちもありました。
でも観に行ってよかったです。フィナーレはスタンディングオベーションでした。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック