Kuniメモ


京都 観◯光(かんひかり)ART EXPO2011

二条城

清水・泉涌寺・二条城という世界遺産を会場にアート作品を展示する「観◯光 ART EXPO2011」の二条城会場に行って来ました。

二条城の会場は普段公開されていない二の丸御殿台所です。三和土(土間)のようなところで靴を脱いで建物の中に上がって作品を鑑賞します。貴重な体験ができます。



上がってすぐ、柱の側に展示してあったドラム缶を使った作品。

ペンキの水色と錆びの質感の組み合わせは個人的に大好きです。柱にそっと寄り添うように展示されているところに哀愁が漂った存在感があります。ライティングや展示場所を含めた組み合わせが、なつかしい大切な場所を見ているような気持ちにさせてくれる作品でした。




こちらは般若面のような顔がピラミッド状に積み上げられた作品。Theモダン京都という印象です。

しりあがり寿

一番奥の部屋は、しりあがり寿氏のインスタレーションです。

しりあがり寿

脚がセクシーです。

画面の映像は微妙にモゾモゾと動きます。動いている様子を見ていると自然と口元が緩んでしまいます。

全体像は映像でどうぞ、




二条城は大政奉還など有名な史実が起こった場所ですが、痛みが進んでいて、保護のためなのか写真撮影は禁止です。ですので、展示会場は大丈夫なのか?と思い撮影の許可をスタッフらしき方に伺ったのですが、実は声をかけた方が、しりあがり寿先生ご本人だったです。
お話ししている時は全く分からず、少したってから、「どこかで知っている顔のような」と思い出し、自分の失態に気が付きました。その後も、せっかくの機会でしたが恥ずかしくて声を掛けることができませんでした。

後から知ったのですが、この展示会はアーティスト自らが実行委員となって活動をしているそうです。



こちらは知り合いの作品です。



綿花の動きに光が連動します。うちわが用意されているので、作品の前に座って楽しむことをお勧めします。

うちわで扇ぐと、下の照明で浮かび上がった綿花がゆらゆらと揺れ、また、その揺らめきに照明が反応して点滅します。反応が相関しているので、エンドレスで楽しめそうな作品です。





清水、泉涌寺の会場も見る予定だったのですが、急遽、思い付きで「伊根」に向かったので、残念ながら他の展示会場は見ることができませんでした。


「観◯光 (かんひかり)ART EXPO 2011」

2011年10月15日(土)〜10月24日(月)
二条城 二の丸御殿台所(入城料 600円)
清水寺 経堂(無料)
泉涌寺(参拝料一般 500円、特別拝観料 300円)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック