Kuniメモ


京都 伊根の舟屋

「観◯光 ART EXPO2011」二条城会場を観た後、思い付きで「伊根」 に向かいました。

時間的に無謀な気もしましたが、とりあえず京都駅から天橋立へ、

天橋立駅構内の観光案内所で「今から伊根に行って、今日中に京都に帰れるのか?」聞いてみると、ちょうど10分後に伊根に向かうバスがあり、出発までの時間で天橋立観光まで含めたタイムスケジュールを時刻表とにらめっこしながら作ってくれました。

バス、遊覧船、ケーブルカー、観光船を乗り継ぐルートで、便数が限られているので、1つでも乗り遅れてしまうとアウトという綱渡りスケジュールです。



行きのバスは途中から貸切。木箱と南京錠でできた「ご意見箱」がローカルな雰囲気を演出してます。



海は透明度が高くて綺麗でした。

船着場前で降りて、一人で船を待っていると、大型観光バスに乗って団体客が合流してきました。船の上では団体客の添乗員さんが個人客もまとめてガイドしてくれてお得でした。

伊根

伊根の舟屋です。海岸線にそって並んでいます。

伊根



遊覧船からはこの距離が接近の限界でした。生活の場ですからこのぐらいの距離が必要なのかもしれません。





遊覧船観光の後は、天橋立へ戻ります。



有名なビュースポットのひとつ「股覗き」の場所までケーブルカーで4分。



「股覗き」から観た天橋立です。もちろん堂々と「股覗き」をしました。
股覗きで見てみると、天空の橋と言うよりは天球に橋がへばり付いているような、水の中から橋を見上げているようでした。

ここの下の船着場から対岸の天橋立駅までの観光船の時間の都合で、上には10分しかいれませんでしたが、十分でした。


おまけ > 観光客のカッパえびせんを狙うカモメ(だんだん近づいてくる)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック